銀行カードローン比較情報 キャッシュナビ
トップページ > 銀行カードローンについて >第102回
債務の株式化による銀行と企業の両者のメリット
銀行が、企業への貸出債権を放棄するかわりに、その企業の株式を取得することを債務の株式化といいます。
回収が極めて難しくなっている銀行の貸出債権を処理する方法の一種で、欧米でしばしば利用されています。
企業としては債務の返済を免除してもらえるわけですから経営再建がしやすくなり、その企業がうまく再建できれば株が値上がりするため、銀行としても融資分のお金を回収しやすくなります。
しかも銀行は株主になるわけですから、経営再建策に積極的に関わることができる、というメリットがあります。
目次
第1回 金融とは何だろう
第2回 金融機関での資金の流れ
第3回 直接金融と間接金融の違いを理解する
第4回 金融機関の動きの意味
第5回 金融商品のお金を増やす手段
第6回 お金の通貨とは何か?
第7回 通貨の価値尺度、支払いの手段、価値貯蔵手段
第8回 マネーサプライとは何か区分を学ぶ
第9回 預金通貨、準通貨について
第10回 譲渡性預金(CD)
第11回 ハイパワードマネとは
第12回 金利について学ぶ
第13回 短期金利と長期金利の違いを学ぶ
第14回 固定金利と変動金利の違いを確認
第15回 「金利」にはどんな種類があるのか?
第16回 銀金通貨について
第17回 銀行のプライムレートとは
第18回 預金金利、貸出金利とは
第19回 中央銀行とは
第20回 金融対策とは
第21回 インフレーションとデフレーション
第22回 短期金融市場と長期金融市場
第23回 インターンバンク市場とオープン市場
第24回 株式市場と債券市場
第25回 国内金融市場と国際金融市場
第26回 デリバティブ市場
第27回 相対取引型市場た市場取引市場
第28回 コール市場
第29回 手形市場
第30回 銀行間預金市場
第31回 債権現先市場
第32回 債券レポ取引市場
第33回 CP市場
第34回 TB市場・FB市場
第35回 債券(公社債)
第36回 発行市場と流通市場
第37回 国際と金利の関係を学ぶ
第38回 社債は民間企業が発行している
第39回 証券取引所のシステムの移り変わり
第40回 株式上場とIPO(新規公開)の内容
第41回 証券取引所の株式会社化
第42回 上場廃止にはるということは
第43回 整理ポストと管理ポストの違い
第44回 M&A(企業の合併買収)の目的
第45回 TOBとLBOのそれぞれの意味
第46回 敵対的買収はM&Aの一種
第47回 MBOとLBOのそれぞれの意味
第48回 株式分割による影響
第49回 株式交換という手段
第50回 証券取引法の歴史
第51回 金融取引法で定めること
第52回 証券取引監視委員会という組織
第53回 インサイダー取引の禁止
第54回 値幅制限(ストップ高とストップ安)がる理由
第55回 業績の四半期開示の義務付け
第56回 ジャスダック証券取引所の歴史
第57回 グリーンシート市場の意味
第58回 マーケットメイカーの存在意義
第59回 新興企業向け市場ヘラクレス
第60回 東証マザーズという証券市場
第61回 株式の動向を日経平均株価より読み取る
第62回 日経500種平均がつくられた理由
第63回 東証株価指数の特徴
第64回 必携株価指数300とは
第65回 シャスダック株価指数が示す株価動向
第66回 出来高から株式市場の動向を観察
第67回 ユーロ市場とう国債金利市場
第68回 LIBOという金利
第69回 オフシェア市場とう国債金利市場
第70回 本邦オフシェア市場(JOM)とは
第71回 タックスヘイブンは租税避難地
第72回 機関投資家は市場を動かす大物投資家
第73回 ヘッジファンドとう投資信託
第74回 注目の投資組織、投資ファンド
第75回 預金取扱機関と非預金取扱機関とボーダーレス化
第76回 公的金融機関である政府系金融機関
第77回 金融仲介機能がもたらす役割
第78回 銀行が果たす役割で決済機能という機能
第79回 経済を支える信用創造機能
第80回 銀行の固有業務と付随業務
第81回 銀行の預金業務と貸出業務
第82回 銀行の重要な業務である為替業務
第83回 ホールセールバンキングとリテールバンキング
第84回 インベストメントバンキングとバーチャントバンク
第85回 投資信託・保険の銀行窓口販売
第86回 日本の金融機関の中核を担う預金取扱機関
第87回 大規模銀行である都市銀行
第88回 地方銀行のメリット、デメリット
第89回 第二地方銀行の成り立ち
第90回 長期金融機関の信託銀行
第91回 信託の種類
第92回 長期信用銀行の役割
第93回 資金調達のための債券・金融債
第94回 信用組合と全国信用協同組合連合会
第95回 信用金庫と信用中央金庫
第96回 労働金庫と労働金庫連合会
第97回 農協と漁業と森林組合会
第98回 農林中央金庫とその仕組み
第99回 不良債権とは
第100回 最終処理とその内容
第101回 債務の株式化による銀行と企業の両社のメリット
第102回 日本の銀行の問題となる低収益体質
第103回 信用リスク管理の必要性
第104回 銀行機関の経営管理の手法、ALM
第105回 債券の流動化
第106回 ABSとSPC(特別目的会社)
第107回 時価会計の導入
第108回 株式持ち合いによって起こること
第109回 証券会社の重要性
第110回 アンダーライディング業務(引受業務)
第111回 セリング業務(募集・売出業務)
第112回 ブローカー業務(委託売買業務)の役割
第113回 ディーラー業務
第114回 株式売買委託手数料の自由化
第115回 ディスカウントブローカーの成り立ち
第116回 保険会社が金融市場に果たす役割
第117回 総合会社の足かせ問題
第118回 全労災と県民共済とJA共済
第119回 ソルベシー・マージン比率
第120回 保険の第三分野
第121回 経営圧迫や赤字を引き起こす逆さや
第122回 会社更生法と厚生特例法
第123回 生保の株式会社化
第124回 ニッチ分野の金融サービス行、ノンバンク
第125回 消費者金融会社というノンバンク
第126回 グレーゾーン金利の廃止
第127回 リース業と信販業
第128回 クレジットカード業
第129回 ベンチャーキャピタルの存在意義
第130回 ファンタリング(債権買い取り)会社
第131回 金融再編はどのように進んでいるのか
第132回 金融持ち株会社
第133回 業態別子会社という参入方式
第134回 ユニバーサルバンク化している大手金融グループ
第135回 広がる証券仲介業
第136回 銀行代理店業務により新しい金融業の動き
第137回 銀行業への異業種参入
第138回 決済専門銀行の特徴
第139回 インターネット専業銀行のメリット
第140回 インターネット証券取引という金融サービス
第141回 電子マネーの発達
第142回 デビットカードの有効性
第143回 携帯クレジットの普及
第144回 インターネットバンキンブとモバイルバンキング
第145回 金融情報サービス会社の活躍
第146回 生体認証の採用
第147回 郵政三事業と郵政民営化
第148回 郵便貯金の成り立ち
第150回 国営である簡易保険
第151回 政府が政策目的で行う財政投融資
第152回 財政改革に伴って新規に設けられた債券である財投機関債
第153回 自力で投資調達が困難な財投機関のための財投債
第153回 政府保証債と政府保証借入
第154回 金融商品の種類
第155回 利息と利回りと金利
第156回 予想配分と実債分配の違い
第157回 キャピタルアゲインとインカムゲイン
第158回 元本保証と元本確保
第159回 市場リスクと信用リスクと流動性リスク
第160回 安全性と流動性と収益性とうう3つの判断基準
第161回 金融商品販売法が制定せれた理由
第162回 自己責任原則という大原則
第163回 ポートフォリオと分散投資
第164回 リスク許容度を考える
第165回 フィナンシャルプランナーという資産運用全般の助言
第166回 流動性預金と定期性預金
第167回 割引金融債と利付金融債
第168回 信託商品の種類と仕組み
第169回 元本保証のないヒットと実際配当型金銭信託
第170回 企業向けの貸付信託をビッグ
第171回 投資信託の種類と仕組み
第172回 株式投資信託と公社債投資信託
第173回 単位(ユニット)型と追加(オープン)型の違い
第174回 契約型投資信託と会社型投資信託
第175回 上場投資信託(ETF)の特徴
第176回 不動産投資信託(J−REIT)
第177回 投資信託の種類、毎月分配型投資
第178回 投資信託を運用商品として組み入れるファンド
第179回 市場リスクと信用リスクと流動性リスク
第180回 グロソブとエマソブ
第181回 基準価格(基準価額)の用語説明
第182回 投資家のための目論見書
第183回 投資選択のポイント、販売手数料と信託報酬
第184回 中途解約不可、クローズド期間
第185回 投資信託委員会会社とファンドマネジャー
第186回 PR分類は5種類に分かれる
第187回 株式会社の出資者としての地位
第188回 単位株制度のかわりの単元株制度
第189回 取引単利の10分の1で売買するミニ株
第190回 積み立て式投資の株式累投
第191回 保護数借り保管振替制度
第192回 株式譲渡益課税という税金
第193回 特別な条件が付かない普通社債
第194回 企業の直接お金を貸す商品、転換社債
第195回 一定価格で引き受ける権利、ワラント債
第196回 債権の利回り安全性、利付債と割引債
第197回 新発債と既発債
第198回 表面利率と最終利回りと所得期間利回り
第199回 格付けの低い債権の総称、ジャック・ボンド
第200回 企業発行した債権の安全性を示す格付け
第201回 外国通貨立ての銀行預金、外貨預金
第202回 国境を越えた取引、TTSとTTB
第203回 外貨建ての金融商品を利用する際のリスク
第204回 海外預金と口座管理料
第205回 外債にはどんな種類があるのか
第206回 デュアル・カレンシー債(二重通貨立て)
第207回 保険商品の生命保険と生死混合保険
第208回 死亡保険の生命保険と損害保険
第209回 定期保険と終身保険の違い
第210回 確定拠出年金(日本版401k)とその理由
第211回 企業年金の資産全体を、信託銀行などが一括管理する
第212回 資産家を対象にしたプライベートバンキング
第213回 一定比率の手数料のみを支払うラップ口座
第214回 企業の特定事業部門だけを対象とする株式
第215回 株式・債権・貴金属などの商品から派したデリバティブ
第216回 将来の一定時点、または一定の期間における取引
第217回 交差的な取引きを同時に行うスワップ取引き
第218回 権利とりひき、オプション取引き
第219回 デリバティブ取引きで、さまざまな相場の変動リスクを回避
第220回 少ない手元で大規模な取引ができるレバレッチ効果
第221回 時価会計制度による公表が義務図けられたオフバランス効果
第222回 シカゴ・マーカンタル取引所
第223回 シンガポール国際金融取引所
第224回 先物市場の投資家に対する取次や助言
第225回 日本の中央銀行である日本銀行
第226回 98年4月施行の法改日銀法
第227回 日銀の最高意思決定機関である日銀政策委員会
第228回 日銀の代表者である日本銀行総裁
第229回 日銀調査統計局が作成・発表する日経関連統計
第230回 日銀が実施する無担保の融資
第231回 決済処理のためのオンライン・システム、日銀ネット
第232回 日銀考査とシステムックリスク
第233回 億回市場操作の売りオペと買いオペ
第234回 信用創造機能に働きかける預金を準備率操作
第235回 99年から06年にかけて日銀のゼロ金利政策
第236回 基準貸付利率により受身で貸出を行う補完貸付制度
第237回 金融緩和を進める量的緩和
第238回 金融業・金融取引に対する規制など
第239回 金融機関の競争を制御し、破綻させない護送船団方式
第240回 経済の実態からかけ離れて地価・株価などの資産価格が上昇
第241回 日本の金融行政の大改革
第242回 金融行政を社活する官庁、金融庁
第243回 中央省庁再編で生まれた財務省
第244回 内閣府と経済財政諮問会議
第245回 破綻処理と改正預金保険法
第246回 特別危機管理(一時国有化)
第247回 預金保険制度とペイオフ
第248回 農水産農業協同組合預金保険制度
第249回 顧客の預かり資産の返却を保証する投資者保護基金
第250回 鶏鳴保険契約者保護機構
第251回 現金を動かすことなく海外と決済を行う外国為替
第252回 外国為替市場と外国為替相場
第253回 円高と円安の説明
第254回 購買力平価説
第255回 為替相場が変動する主因
第256回 固定為替相場制と変動為替相場制
第257回 国際金本位制とドルドル本位制
第258回 基軸通貨とドル決済
第259回 対対ドル為替相場を固定する為替相場制度
第260回 中国・人民元切り上げ
第261回 戦後のドル本位制、ブレントン・ウッズ体制
第262回 ドルと金との交換を停止したことによる衝撃
第263回 新通貨体制のスミソニアン体制
第264回 85年に開催されたG5で合意したプラザ合意
第265回 87年に開催されたG7での合意、ルーブル合意
第266回 通貨暴落によって起こる通貨危機
第267回 外貨に対する自国の狩りを引き下げる
第268回 経済不安の高まりから、資金が国外へと流出する
第269回 政府に対するソブリン格付け
第270回 エマージング・マーケット
第271回 国際金利金融機関にあるIMF(国際通貨基金)
第272回 必要な外貨を調達するたまの請求権
第273回 国際復興開発銀行と国際開発協会の通称
第274回 不良債権が積み重なって、悪循環に陥る累積債務問題
第275回 不定期・非公開の国際会議7G
第276回 先進国と新興国が話し合うG20
第277回 複数の国が、金融政策に変更や市場介入する
第278回 市場介入と協調介入
第279回 海外への支払いに備えて保有する外貨準備高
第280回 外貨を融通しあう取り決めスワップ協定
第281回 BIS(国際決定銀行)
第282回 BIS規制(自己資本比率規制)
第283回 BIS第二次規制(マーケットリスク規制)
第284回 新BIS規制
第285回 世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所
第286回 株価オンライン自動通知システムナスダック
第287回 ダウ・ジョーンズ社が発表しているダウ平均株価
第288回 FRBとFOMC
第289回 アメリカの代表的な短期金利、FF金利
第290回 多国籍証券取引所、ユーロネクスト
第291回 証券取引所の再編
第292回 93年に発足した共同組織EU
第293回 ユーロと欧州通貨統合
第294回 EMS(欧州通貨制度)とECU(欧州通貨単位)
第295回 ECB(欧州中央銀行)とESCB(欧州中央銀行制度)
ホーム | 運営者情報 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ