銀行カードローン比較情報 キャッシュナビ
銀行カードローンの比較情報

トップページ用語集 >資産倍率
資産倍率  シサンバイリツ
資産倍率とは、会社の純資産が、特定の債務、優先株、株主資本をどの程度カバーしているかを指す指標。
資産倍率は次のように計算される。
総簿価または清算価値から、無形資産、流動負債、および資産倍率を算出しようとしている対象債務よりも優先請求権のあるすべての債務を差し引く。
その結果算出された金額を対象債務の金額で割った数字が資産倍率となる。
この資産倍率をパーセント表示することもできるし、分母となる金額1ドル当たりのドル金額として表示することもできる。
同様に、優先株倍率を決定する計算では、優先株より上位にあるすべての債務が支払い済みとして計算する。
普通株倍率の計算では、優先株とすべての債務が支払われたものとして計算する。
普通株倍率計算でもっともよく用いられる用語は、普通株1株当たり正味簿価である。
直接資産倍率の算出方法は上記のとおりであるが、総資産倍率は、対象債務額に優先するすべての債務額に対象債務を加えた総額で、清算価値で評価された総有形資産額を割って算出する。
資産倍率は、会社清算の際の損失に対してどの程度の備えがあるかを知るうえで重要である。
さ行
債権サラ金債権者債権譲渡詐欺債務不履行債務者債務整理信用情報実質年率上限金利消費者金融実質年率借金信販会社残高リボルビング方式CCB残高スライド返済CICJCFA消費者金融整理屋090金融支払能力節税手段災害死亡保険金証券会社営業社員残高照会資産増加集積圏取得剰余金所得原価、買収コスト全般的に、社会的に修正純資産方式信用取引融資残高修正行使価格修正後総所得事前積立年金制度住居地の宣言供述書住宅購買力指数事後所得資産追加担保条件政府機関証券総行使価格総供給集約・総合口座・一本化・集計修正報告証券取引準委員会全経費発行金利自動債券発行システム自動取引結果確認サービス自動注文入力システム自動延長自動電子送金自動投資プログラム自動安定化装置自動引き出し自己資金平銭少額債権受注残高処分売り・救済処置指標 バロメーターパフォーマンス分析参入障壁資産の予定保有期間全株同一価格買い付け資産鑑定費用裁定取引裁定債権裁定評価理論裁定取引業者算術平均設立定款人為的通貨資産資産分配型ミューチュアル・ファンド資産担保証券資産クラス、アセットクラス資産倍率資産減価償却資産範囲制度資産・負債総額管理、資産負債管理資産管理総合口座資産価値指標銘柄実質所有者最良執行要件残高修正方式全米自動決済期間総合普通株式指数
ホーム | 運営者情報 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ