銀行カードローン比較情報 キャッシュナビ
銀行カードローンの比較情報

トップページ用語集 > 代替ミニマム税、ATM
代替ミニマム税、ATM
裕福な個人、信託、遺産団体や株式会社が少なくてもいくつかの所得税を支払うことを目的とした連邦税です。
個人に対する代替ミニマム税は、まず課税所得に税優遇項目を加算し、そこで計算した家財所得にさまざまな調整項目で調整して対台ミニマム税課所得を計算していく。
納税者は支払税額の計算を通常の所得税方式と代替ミニマム税方式の2通りで計算し、いずれか大きいほうを納税額としなければいけません。
最も一般的な調整項目と税優遇項目はこのようになります。
・人的控除の加算
・項目別控除のうち州と地方税、特定の借入金利、ほとんどの雑費控除、一部の医療費の控除の加算
・総所得に含まれている州・地方税の還付金の減算
・特定の資産の加速償却から生じた変動額
・インセンティブ・ストック・オプションからの収入加算
・受動的投資による損失控除額の加算
指摘活動債の非課税利息の加算
・修正後価格を超えた減価償却の加算
特定の無形資産である発掘費用の一部の加算
納税者は、上記の税優遇項目を加減算後の修正後所得額から、夫婦合算申告者の場合は58,000ドル、独身者や特定世帯主は40,250ドル、夫婦個別申告の場合は29000ドルの免税額が控除されます。
控除後は金額が、夫婦合算申告者では175,000ドルを超える額については28%の税率が適用されます。
代替ミニマム税を正確に計算することは極めて複雑であり、専門の会計士に託すのが最善の策であります。
た行
担保ローン督促担保督促手付金代位弁済つなぎ資金単利多重債務多重債務途上審査取り立て行為適格投資家積立時間追加債権発行限度額基準追加任意拠出投資顧問情報誌特別関係人立会外取引代理、代理人、機関、委託代理人、特約店代替投資代替ミニマム税、ATM到達年齢追徴税貸借対照表満期残高一括返済倒産・破産仲裁、調停仲裁委員会対等取引、商業ベース取引動向ファイナンス
ホーム | 運営者情報 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ