銀行カードローン比較情報 キャッシュナビ
銀行カードローンの比較情報

トップページ用語集 > 複利
複利  フクリ
複利【フクリ】とは、金利の計算方法は、1.資金の貸借期間に比例して、元金に対して単純に単位期間の利率を計算する「単利」と、2.一定期間(例えば半年、1年)ごとに、発生利率を元金に組み込んでいく「複利」(「重利」ともいう)に大別される。
複利方式では、利率部分の再投資を考慮しない単利に比べ、期間が長くなるほど利回りが高くなる。
算出方法は、「元利合計=元金×(1+利率)期間」であるが、計算が複雑なため、通常は利率、利払い回数別に複利の利回りが表示された「債権利回り表」が 用いられる。
金銭消費貸借契約においては、「1年以上未払いで、しかも催促してもなおかつ返済のない場合のみ、利率を元金に組み込める」(法定重利=民法 405条)として、複利計算に制限を加えている。
一般に「複利」は金銭消費貸借契約ではあまり存在しないが、預貯金や各種金融商品では珍しくない。
代表的なものに、郵便局の定額貯金、銀行の期日指定定期預金、中期国債ファンド(中国ファンド)などがある。
は行
保証人保証人保証料破産弁済不良債権ブラックリスト日歩複利法定金利放棄引受け発生基準発生給付保留利益税パス・スルー保険計理人 年金数理人変更可能生命保険変動金利モーゲージ、変動金利不動産担保ローン変動配当金率優先株暴落レシオ不適正意見
ホーム | 運営者情報 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ