銀行カードローン比較情報 キャッシュナビ
銀行カードローンの比較情報


実質年率は3.0%〜17.8%
最高800万円まで融資可能!

実質年率4.9%〜14.5%
最高500万円まで融資可能!

実質年率15.0%
最高50万円まで融資可能!

当サイト【銀行カードローン、キャッシュナビ】は「カードローン、キャッシングは初めてだからどこの会社に申し込んでいいかわからない。」 「すでに借り入れがある。」「パートやアルバイトなんだけど銀行カードローンを利用できるのかしら?」 そんな様々なお悩みを持っている方へ、
銀行カードローンのプロが貴方に最適なカードローン選びをお手伝いします。
ジャンル選択
即日審査対応のカードローン、審査方法が自動審査などで申込みから、数十秒で審査結果がわかる銀行、カードローン・キャッシング会社をPICK UP!急いで審査結果が知りたい方はクリック! コンテンツを見る


即日キャッシング、カードローン
数秒での自動審査!
金利がかからない無利息キャッシングでお得に賢く利用できるキャッシング会社を掲載しています。キャンペーン期間中の会社情報はお見逃しなく!

コンテンツを見る


お得なキャッシング!
無利息期間に有効活用!

女性専用のローンから主婦でも利用ができる安心のレディースローンの会社をご案内、急な出費に備えて即日キャッシングが可能な会社情報も掲載しています! コンテンツを見る


女性でも安心、
主婦でも利用可能!
銀行のカードローン、キャッシングをご紹介します。親切丁寧の低金利カードローンなら、銀行系で間違いなし。インターネットでお申込み可能な銀行を紹介します。 コンテンツを見る


安心のステータス
銀行系のカードローン

キャッシング比較ナビ 各種ローン
フリーローン 不動産担保
おまとめローン ビジネスローン

銀行カードローン比較情報のキャッシュナビ
銀行カードローンとは 銀行又は協同組織金融機関がキャッシュカードを発行し、 当該カードを用いて予め契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを 通じて資金を貸し付けるもので、カード形になっているローンから、銀行カードローンと呼ばれるようになりました。 銀行カードローンとしてのカードについては金融機関によって異なりますが、 金融機関の総合口座のキャッシュカードにローン口座を紐づけて利用するものと、別途カードローン専用のカードが発行されるものがあります。 また、ATM・CDについては金融機関が設置するもののほか、金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用する事ができます。 新生銀行やジャパンネット銀行などはカードを用いずにインターネットバンキングなどを利用して 銀行カードローン口座から普通預金への振り替えで資金を貸付する形態をとっています。 個人向けの銀行カードローンの場合、担保を必要としない無担保型と、 不動産や有価証券などを担保とする有担保型に区別されます。 いずれも用途は原則として自由ですが、事業資金として利用できません。

カードローン・キャッシング 知っておきたいマメ知識
カードローン、キャッシング会社の検索方法
カードローンやキャッシングの商品を取り扱っている、全国の金融会社の検索方法を解説します。
ご参考までに、ご利用下さい。
詳細

カードローンキャッシングの注意点
ただ借りれる、ただ利用できるカードローンやキャッシング会社に申込んではいけません。
ポイントを押さえて、カードローン、キャッシング会社の申込をしましょう。
詳細

カードローン、キャッシングの返済に付いて
金融会社のカードローンやキャッシングの返済方法は各金融機関によって違います。
自分自身に合った返済方式をとっている、カードローンやキャッシングを取り扱っている会社を見つけましょう。
詳細

カードローン、キャッシングの会社の種類
カードローンやキャッシングを扱っている銀行系のカードローンは他の金融機関よりよく見えるのはなぜか?
詳細

銀行カードローンのしくみについて
銀行カードローンは金融機関が指定する保証会社が信用保証する為、保証人は不要ですが、申し込みに際してまず保証会社による仮審査を行うことが銀行カードローンの特徴です。万が一延滞や貸倒れが発生した場合は、保証会社が金融機関へ代位弁済し、保証会社が債務者へ債権回収することとなるので、この場合保証会社から直接借入して延滞したものと同等の取り立てになる可能性があります。以前は銀行カードローンを持てる資格者として、定職に就いていない者、金融機関に相当の定期預金などの取引がない者は信用上で、銀行カードローンの発行が難しいとされていましたが、貸金業者が保証する銀行カードローンとしては近年申込基準が緩和されています。 銀行カードローンの返済方法は多くの場合リボルビング払いで、毎月の約定返済日に口座自動振替で返済していく形となるが、資金に余裕があればATMで直接カードローン口座へ入金したり、インターネットバンキングで自分名義の普通預金から振替する事も可能です。 有担保型の銀行カードローンは1980年代から2000年代前半にかけて都市銀行が取り扱ってきましたが、不動産担保評価額の減少なとが頻発するようになった為新規募集はされなくなり一時途絶えましたが、2005年頃、 三井信託銀行が有担保の銀行カードローンの取り扱いを開始しました。
詳細

銀行カードローンのおまとめローンは便利です。
銀行カードローンのおまとめローンは複数の金融機関からの借入をおまとめすることができるのでとても便利です。
消費者金融やクレジット会社と比較しても、銀行カードローンは低金利で利用ができる為、消費者金融のカードローンで複数の借入をしている方にとっては、毎月の返済金額や返済総額を抑える事ができるため、まだ銀行カードローンの申込のご経験が無い方はこの機会にご検討してみてください。

詳細

大手都市銀行がカードローンはじめました!
銀行からの個人向け融資は、消費者金融と比較すると一般的ではありませんでしたが、貸金業法の改正が決定された頃に銀行カードローンの存在が目立ってきました。 実際に以下のような大手都市銀行からカードローンの申込はインターネットでできるようになっています。それでは銀行4社のカードローンの金利を確認してみます。
■三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』    ・・・実質年率4.6%〜14.6%
■三井住友銀行カードローン               ・・・実質年率4.0%〜14.5%
■みずほ銀行カードローン                ・・・実質年率4.0%〜14.0%
■りそな銀行カードローン『りそなプレミアムカードローン』・・・実質年率3.5%〜12.475%
消費者金融の上限金利は18%に設けている会社が最も多い事と比較すると、銀行カードローンの場合上限金利を15%以下の設けています。消費者金融を検討する前に銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。
詳細

銀行カードローンの保証会社は消費者金融が主流です。
銀行カードローンの審査は消費者金融や信販会社よりも厳しいとされていますが、現在では銀行の保証会社を消費者金融や信販会社が行ってる場合が多いです。 実際に都市銀行の保証会社は以下になります。
■三菱東京UFJ銀行カードローン・・・アコム
■三井住友銀行カードローン   ・・・プロミス
■みずほ銀行カードローン    ・・・オリエントコーポレーション
■りそな銀行カードローン    ・・・オリックスクレジット
銀行と消費者金融・信販会社の違いだけでは無く、銀行間での審査基準も異なりますが、原則保証会社を利用して際に債務トラブルがあった場合は審査が否決となります。
詳細

主な銀行カードローンと保証会社について
銀行カードローン@・・・三菱東京UFJ銀行はアコムが保証会社です。
銀行カードローンA・・・三井住友銀行はプロミスが保証会社です。
銀行カードローンB・・・みずほ銀行はオリエントコーポレーションが保証会社です。
銀行カードローンC・・・りそな銀行はオリックスクレジットが保証会社です。
銀行カードローンD・・・新生銀行はアプラスが保証会社です。
銀行カードローンE・・・スルガ銀行はオリエントコーポレーションが保証会社です。
銀行カードローンF・・・住信SBIネット銀行はオリックスクレジットが保証会社です。
銀行カードローンG・・・自分銀行はアコムが保証会社です。
銀行カードローンH・・・セブン銀行はアコムが保証会社です。
銀行カードローンI・・・ジャパンネット銀行はプロミスが保証会社です。
銀行カードローンJ・・・イオン銀行はオリックスクレジットが保証会社です。
銀行カードローンK・・・常陽銀行はアコムが保証会社です。
詳細

ホーム | 運営者情報 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ